福岡県那珂川市五郎丸2丁目39

092-951-3818

工場長日誌

ホンダ ディオ修理?

平成31年1月24日木曜日です!
本日の作業内容は・・・

ホンダ ディオ

中古で購入した時から、イロイロ不具合?があったとの事。

「エンジンが始動できなくなったので、修理をお願いします・・・」
と言うことでお預かりしました。

 

まずは各部の点検を始めます。
エンジンオイルは自分で交換した?らしいですが、オイルレベルをチェックすれども、ゲージにオイルが付きません・・・。
どのくらい足らないのかはわかりませんが、オイル交換の依頼も受けていませんし、エンジンが始動しない原因は他の可能性もありますので、余計な作業はしません。

キックスターターが作動不良です。キックペダルを踏み込むと、そのまま固着した状態です。

バッテリーは電圧不良です。セルモーターも回りません。

エンジンと直接関係はありませんが、前後のブレーキがスカスカです。

仮にエンジンが始動できて乗れるようになっても、これでは止まる事ができません。
リアタイヤも極端に摩耗しています・・・。しかも!

どこかで見たようなまさかの「逆ローテーション」です・・・!

 

L側エンジンカバーを外してみると、キックスターターピニオン、取り付け部分が摩耗して、ガタガタになっていました。
ピニオンを取り外して、始動してみるとエンジンは始動できました。ピニオンギアが引っかかっていたようです。

エンジンは大丈夫なので、ブレーキに着手します。
リア側はケーブル交換します。このディオは前後同時ブレーキ装着されているので、非常に手間がかかります。

ケーブル交換、ブレーキ調整して、完了!
のはずでしたが、外装パーツが中国製でなかなかハマらない・・・。

外装カバーとかなりの時間を格闘し、完了いたしました。

いつも、ありがとうございます!

この記事をシェア:

工場長日誌一覧へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA